早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

世の中に出回っている数々の美容方法は全てが効果的というワケではなく、間違った方法も多く存在しています。
注意をしなければいけないこととしまして、最も大切なことは自分に見合った美容方法を実践するということなのです。 治療することなく放置しがちの方もいわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、多くいらっしゃいます。
しかし下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるために早期発見、早期治療が重要なのです。

 

静脈瘤を両親が持っている場合には約90%、また片親が静脈瘤のケースでは45%の割合で発症してしまいます。
さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時や、長時間の立ち仕事をされている方も発症しやすくなっています。
痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させたり、下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまうこともあります。
このことから日常生活に支障をきたす場合も多くあることから、早期の治療をされることをオススメします。





メンズ 脱毛
メンズ 脱毛のことなら
URL:http://www.nax.mobi/


早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤ブログ:180819

「減量でガマンは禁物!」
この言葉は、今や減量の常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、わたくし自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的に減量を続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
みなさま、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体や心に鞭打つような減量では
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕食後のおかしをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おかしを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
板チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
減量のちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスに減量を進めてみてはどうでしょう?

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)

このページの先頭へ戻る