ワキガの治療してコンプレックス解消

管理人はこれまでに数多くの美容対策をしておきており、気になるニキビやシミなどを克服することに成功しました。
しかし大切なのはそこからであり、それらを予防することが出来なければ何の意味も無いのです。 わきが臭が細菌が増加してきてしまうことにより、キツくなってきますので毎日お風呂に入り清潔にすることは基本中の基本となります。
ワキガの悩みを多くの人が抱えてしまっており、女性はホルモンの変化がしやすい体質なのです。

 

その他にも症状を抑えることの出来る治療法もありますので、「ワキガのことで手術をするのは抵抗がある」という方にオススメです。
強度なワキガの場合には効果を期待出来ませんが、ボトックス注射なら、ちょっとした注射によってワキガの改善効果があります。
抗菌作用の高い石鹸や薬をわきがなどといった体臭には使い、しっかりと洗浄してあげましょう。
もしすぐに改善を求めているのでしたら美容クリニックで手術をすることで改善できますが、普段からのケアも大切です。





賃貸オフィス
賃貸オフィス
URL:http://new-of-search.jp/


ワキガの治療してコンプレックス解消ブログ:180323

わたくしは10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
わたくしにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「パパを感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

パパはヘビースモーカーです。
幼少の頃、パパの枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

わたくしの中でそれが「大好きなパパ」だと
認識していることに気がついてからでした。

わたくしが本当に好きだったのは、
このパパの匂いではなくて、
パパの屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
パパなんか必要ないと、パパから心理的に距離をとり、
パパの中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうのパパ」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃はパパが大好きで
パパのヒザの上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
わたくしの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
わたくしにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、パパのことを理解し許し始め、
パパに対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
パパを大好きで信頼できるという気持ちだったのです。


このページの先頭へ戻る